液晶ディスプレイのよくある6つの悪い現象とは?

ディスプレイ技術の継続的な発展に伴い、LCD ディスプレイはますます多くの産業用端末に好まれています。多くの産業用端末は、LCD 液晶ディスプレイを購入する際に多くの質問をします。かどうかを確認する方法LCD ディスプレイ資格はありますか?液晶ディスプレイの弊害とは?

 

液晶

1.輝点、色斑、黒点

明るい斑点、色の斑点、および暗い斑点は、通常、画面上で黒または白に見える異常に小さい色の斑点を指します。液晶ディスプレイ.通常、液晶画面の衝突が原因です。この損失は取り返しのつかないものです。一般に、何インチの画面を記録できるかについての要件があります。

2. 液晶表示部の異物や汚れ

液晶に異物や汚れの表示がある場合は外観に問題がありますが、表示機能には問題ありません。ただし、画面の残りの部分が不快に見える場合も、液晶ディスプレイの悪い現象の 1 つです。同様の悪い外観は、再加工できれいにすることができます。

3. 色むら

液晶ディスプレイの色ムラは、一般的にバックライトが原因です。色ムラは、一般的に一部の白化や黄ばみに反映されます。一般的に、バックライトを調整する必要があります。または、バックライトの長期保管および経年劣化により、色が不均一になります。この場合、バックライトを直接交換する必要があります。

4. 液晶ディスプレイの光漏れ

LCD ディスプレイ画面の光漏れは、肉眼で直接見ることができます。光漏れも一般的な不良現象であり、機能不良に属し、直接出荷することはできません。液晶画面の光漏れ現象は、主に組み立て工程で液晶画面の縁に圧力がかかることで発生し、周囲や隅にハローとして現れますが、この種の光漏れ現象は一般的な使用では見られません、および検出画面は完全に暗い環境で表示する必要があります。見る。

 

5. LCD ディスプレイの傷

液晶画面の傷は見栄えが悪く、表示効果には直接影響しませんが、表示効果には影響します。通常、液晶画面のキズは直送できませんが、偏光板の交換はリワーク可能です。一般的に、偏光子には傷が付く可能性があり、製造工程で発生する場合もあります。

6.華平と黒い画面

レンガまたは黒い LCD スクリーンは、明らかに機能上の問題であり、出荷できません。ただし、画面がぼやけたり、画面が黒くなったりする現象は、一般的に分析して、不適切な操作または製造プロセスによるものなのか、LCD 画面が直接破損し、直接廃棄されて再使用できないのかを分析する必要があります。

LCDスクリーンの製造では、原材料の数が多く、プロセスが複雑であるため、製造プロセスで望ましくない現象が発生するのは正常ですが、専門のLCDスクリーンメーカーは、原材料の管理と品質検査を通じて発生する可能性を減らし、それによって改善することができます製品の品質。品質。


投稿時間: 2022 年 10 月 25 日